年齢層で違ってくる企業の期待

サイトマップ

ヘッダー画像

TOP > 年齢層で違ってくる企業の期待

年齢層で違ってくる企業の期待




一言で中途採用と言っても、企業の求める戦士は年齢によって異なってきます。

社会人としての経験が長ければ長いほど、技術やスキルは高くなりますし、豊富な経験を積ん
でいるわけですから、戦士として採用する側も、年齢層が高くなれば求めるスキルや技術は
高くなります。

また、年齢によって企業が求めるものは異なってきます。
若い年齢層では、専門性や将来性。
そして30代、40代となるにつれ、マネジメント能力が強く求められるようになります。

ただ、スキルや技術の判断基準は、業界、業種、また会社によって異なってきますので、
事前に調査されることを強くお勧めします。


20代前半
大卒の場合、社会人になって2、3年程度なので、まだ自分が取得した技術やスキルを武器と
するには難しいところがあります。
採用する側の企業もこの辺は理解していますので、それよりも将来的な可能性について期待する
面が大きいと言えるでしょう。


20代後半
自分の売りとなる技術やスキルがアピールできておかしくない年齢層です。

専門性が高かったりそれなりの実績があれば、企業としても即戦力として期待するところが
大きくなります。チームリーダーとして期待される事もあります。


30代前半
この年代になると、当然何らかの専門分野のスキルがあり、スペシャリストであることが期待
されます。 また即戦力として期待されます。
チームリーダーや係長クラスを任されることもあります。


30代後半
既に15年以上のキャリアがあるので、スキルや技術だけでなく、問題解決能力を持ち合わせて
いるはずです。
プロジェクトマネジメントを期待されたり、部下を指導するマネジメント能力が求められます。


40代
豊富な経験を持ち合わせているはずですので、プロジェクトを丸ごと任せたいという採用側の
期待があります。
業務全体の管理能力に加え、チームの管理能力等のマネジメントが中心となります。